« 来年の手帳は? | トップページ | 年末年始の診療案内 »

2008年12月20日 (土)

耳鼻科と歯科のコラボ

耳鼻咽喉科と歯科は隣接科目といわれており、

藤村医院でも耳鼻科・歯科それぞれに

「これは、どうかな?」って思った場合には、

すぐ、隣に相談に行き、必要に応じては耳鼻科医と歯科医が同時に診させていただくことも稀ではありません

具体的な例として、

上の歯の痛みで歯科を受診された患者さん

お口の中ならびにレントゲン写真を精査しても、歯科領域に痛みが出る可能性は少ないと判断し、

患者様に「下を向いたら鼻の横あたりが重たく痛い感じがありませんか?」とお尋ねすると、

「たしかに、痛いです!」

このような場合、蓄膿症(副鼻腔炎=上顎洞炎)の可能性が大です

普通であれば、歯科医師が耳鼻咽喉科宛ての紹介状を書き、患者さんは紹介状を持って、かかりつけあるいは指定された耳鼻科を受診することになります

藤村医院の場合は、まず、耳鼻科医と歯科医が診査結果やレントゲンを元に十分相談してから患者さんにお伝えしますので、

紹介状なしに、しかも詳しい症状・病態が伝わった状態で耳鼻咽喉科にかかることが出来ます

患者さんのみならず、歯科医師である私自身が、隣に耳鼻科があって、本当に良かったと実感している今日この頃です

追伸:いびき治療(睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療)を受ける場合も、耳鼻科での診断書があれば歯科で保険適応のマウスピース治療が可能です

福岡県 大宰府・筑紫野・春日・大野城 藤村医院 藤村哲之

|

« 来年の手帳は? | トップページ | 年末年始の診療案内 »

耳鼻科・歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳鼻科と歯科のコラボ:

« 来年の手帳は? | トップページ | 年末年始の診療案内 »