« 人間とチンパンジーの差 | トップページ | いびき治療の効果 »

2009年11月15日 (日)

コエンザイムQ10が難聴予防に効果

年を取るにつれて耳が遠くなる「老人性難聴」は、耳の奥の「内耳」にある感覚器の細胞が遺伝子の働きで死滅して起きることを、東京大などがマウスの実験で明らかにし、米科学アカデミー紀要に発表した。

 抗酸化物質で遺伝子の働きを抑えると、発症しないことも突き止めた。哺乳(ほにゅう)類の耳の仕組みは共通しており、人の難聴予防につながると期待される。

 染谷慎一・東大特任助教らは、損傷を受けた細胞を自殺に導くBakという遺伝子に着目。マウスのBakを働かないようにすると、人間の50歳に相当する生後15か月でも聴力がほとんど低下しないことを確認した。

 Bakの働きを抑えられるか調べるため、17種類の抗酸化物質を餌に混ぜてマウスに与えたところ、栄養補助食品(サプリメント)として市販されているコエンザイムQ10など3種類が難聴予防に効果があることが分かった。

 一方、人間の成人にとっては1日20ミリ・グラムにあたる量のコエンザイムQ10を生後4か月からマウスに与え続けると、生後15か月の時点で、同じ月齢のマウスが45デシベル以上の音しか聞き取れないのに対し、12デシベルの小さい音を聞き取れることも確認した。

との記事を見つけました

藤村医院歯科でもワカサプリコエンザイムQ10分子生理化学研究所)を販売しており、私自身も毎日飲んでいます

販売価格:5,800円(税込)/60粒

1日の目安摂取量:2粒(約1ヶ月分)

ワカサプリ2粒でイワシ20匹分のコエンザイムQ10が摂取できます

Waka_image 福岡・太宰府・筑紫野・春日・大野城 藤村医院 藤村哲之

過去の記事

「サプリメントを販売」

|

« 人間とチンパンジーの差 | トップページ | いびき治療の効果 »

耳鼻科・歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コエンザイムQ10が難聴予防に効果:

« 人間とチンパンジーの差 | トップページ | いびき治療の効果 »