« 懐かしのピザ | トップページ | ハイヒールで踊るって? »

2011年2月26日 (土)

手術後30年以上経っての歯痛

歯痛のため藤村医院歯科へ受診された女性の患者さん

3日前から右上の歯(前から4or5番目)が痛み、前夜は鎮痛剤を服用しても痛みが取れないとの事

お口の中を拝見、虫歯の治療は施してあるものの、再び虫歯になっていたり、歯周病に罹患している所見は無い

より詳しく確認するためにレントゲンを撮らせてもらいましたが、歯のみならず、根っこにも問題は無し

さらに、問診を続けると、これまで蓄膿症の治療を受けたことはあり、1週間前からインフルエンザに罹ったが、今現在、鼻が詰まっているような症状はないとのこと

「これまで診査した段階で、歯に由来している痛みではなさそうです、どちらか、行きつけの耳鼻科がございますか?」

「ハイ、お隣の藤村耳鼻科に行ってます」

「そうですか!では、耳鼻科の院長に状態を報告してきます」

そして、紹介状を書くまでも無く、直ちに隣の耳鼻科へ行って頂きました

藤村医院耳鼻科では、三十数年前に受けられた上顎洞(蓄膿症)の手術を経て発症した術後性上顎嚢胞(じょうがくのうほう)との診断

手術が可能な総合病院の耳鼻科へご紹介することになりました

以上のようなことから、歯科と耳鼻咽喉科は隣接科目と言われております

藤村医院ではこれからも、医科・歯科連携の特徴を生かした医療を提供させて頂きます

太宰府市 藤村医院歯科・耳鼻科

耳鼻咽喉科院長:藤村武之

歯 科 院 長 :藤村哲之

|

« 懐かしのピザ | トップページ | ハイヒールで踊るって? »

耳鼻科・歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術後30年以上経っての歯痛:

« 懐かしのピザ | トップページ | ハイヒールで踊るって? »