趣味

2011年1月24日 (月)

860万円のアンティークライカ

ライカといえば、ドイツが誇る老舗のカメラメーカーで、本物志向のカメラマニアあるいは、昔の報道カメラとしても有名ですが、

Photo 今回、スウェーデンの有名な報道カメラマンであるLeif Engberg が所有していた、ボロボロのLeica MP-36がオークション(eBay)にて、

10万4,000ドル(約860万円)で売れたそうです

そもそもこのカメラは、1954年に発売されたLeica M3に有名カメラマンからの要望を受けて1956年から作られたもので、MP-13~MP-150までの138台が写真のようなブラック仕様

そして、カメラマンLeif Engbergはこのカメラを使って、チェコスロバキア、ベトナム、パキスタン、ビアフラ内戦の報道写真を撮ったそうです

今でも新品が製造・販売されているLeica MPにこの値段が付くとは、さすがマニアが多いライカならではかな?

Photo_2 ちなみにこんなMPも売ってたみたいです(約270万円)

中華人民共和国建国60周年記念限定モデル(60台限定)

太宰府市・大野城市 藤村医院歯科・耳鼻科

藤村哲之

| | コメント (0) | トラックバック (0)